自然の造形美!「アンテロープ・キャニオン」


自然の造形美!「アンテロープ・キャニオン」‐アメリカの絶景・名所‐

自然の造形美!「アンテロープ・キャニオン」by Antelope Canyon / Phillie Casablanca

アメリカの絶景・名所

行ってみたい度:★★★★☆

アンテロープ・キャニオン(英名:Antelope Canyon)は、アメリカ合衆国アリゾナ州ページ(Page, Arizona)近郊の、ナバホ族の土地に位置する渓谷。アメリカ南西部では、最も写真撮影され多くの人々が訪れるスロット・キャニオン(幅の狭い渓谷)である。アンテロープ・キャニオンは2つの岩層から成り、個々にアッパー・アンテロープ・キャニオンとロウワー・アンテロープ・キャニオンと名づけられている。
引用:wikipedia

アンテロープ・キャニオンは、隆起した台地を流れていく水が、柔らかい砂岩を侵食して出来たものです。

波打つような岩と光の当たり具合でできる陰影によって、芸術的な世界を作り出しています。

アンテロープ・キャニオンにはアッパー・アンテロープ・キャニオンとロウワーアンテロープ・キャニオンの2種類があます。
こちらが、アッパー・アンテロープ・キャニオン。ロウワーと比べて岩などを登ることなく見学できるため、観光客にはアッパーの方が圧倒的に人気です。

もう一つ人気の理由は、こういった光の差し込みがよくみられること。太陽が頭上に来る時間帯が綺麗に見えるようです。
神秘的ですよね~☆光が当たっている場所に何かがありそう…(笑

削られた砂がサラサラと。ちょっとしたことだけど、不思議な光景に見えます。

こっちがロウワー・アンテロープ・キャニオン。

アッパーと違って、階段の上り下りがあったり、足場が悪かったりします。でも、両方行かれた方の感想では、「ロウワーの方が良かった!」との声が多いので、体力に自信がある方はこちらを選ばれる方がいいかもしれませんね。

どちらも、鉄砲水が押し寄せる危険もあるため、ガイド付きのツアーで行かれることをおすすめします!

実際に行ったことのある人の旅行Blog:
旅する気持ち「アンテロープキャニオン」
ラスベガスな気分 ~In the Mood for Las Vegas~「ロウワー・アンテロープキャニオン 【4日目】」
Miho Photo Diary in New York「グランドサークル旅行記 3日目 アンテロープキャニオン」


ブログの購読にはRSSとTwitter、Facebookが便利です

世界中の素敵な所へたくさん旅行したい!そんな野望を抱えています。とりわけ、海とヨーロッパが大好きです。ブログの更新情報はRSSとTwitter、Facebookでお届けしていますので、是非フォローして下さい。

RSS / Twitter / Facebook